家庭用ゲームマニアのやりこみ日記

今までにはまったゲームについての思い出です。

ウィッチャー3は久しぶりの最高のRPGでした

プレイステーション4で発売された話題のRPG「ウィッチャー3」を購入して遊んでみました。何故私がこの作品に興味を持ったのかと言うと、映像が綺麗だったことと、雰囲気が良かったことが関係しています。剣と魔法のファンタジーの世界でありながら、リアルな人物が特徴です。似たようなゲームで私は過去にエルダースクロールシリーズのオブリビオンやスカイリムを遊んでいました。これらの作品は面白かったのですが、アクション面であと一歩かなあと感じることもありました。広大なマップを探検する面白さはたしかにありました。ウィッチャー3はこれらの作品を更に洗練させたように感じます。キャラクターメイクをすることは出来ませんでしたが、主人公のゲラルトはとてもかっこいいと感じました。日本語のローカライズも完璧でした。どのキャラも日本語でしゃべります。しかも、声がかっこいいのです。テキスト量は膨大であり、長編の小説を読んでいるようにも感じました。

シリーズ3作目なのでストーリーについていけるか不安でした。ですが、ゲーム内で教えてもらえる部分もありましたし、わからない部分はインターネットで調べても十分でした。できれば前作も遊んでみたいな後感じました。それらはこれから行うことです。

まず最初の印象としてウィッチャー3はアクション要素の高いオープンワールドRPGと感じました。ボタンの連打でなんとかなるようなものではなく、敵の攻撃をかいくぐりながら一撃を相手に当てていくと言うクレバーなプレイが求められると感じました。これはオブリビオンやスカイリムにはない感触です。アクションゲームが好きな人を満足させるような作品でもあります。

マップは完全にシームレスと言うわけではなくエリアごとにローディングが入ります。しかし、それもしかたがないと言えます。何故かと言うとマップの広さが果てしまいからです。エリアごとの景観は安定しています。綺麗な山々と自然を感じられるようなマップが多いと感じました。

このゲームを遊んでいて最も楽しいと思ったのは会話です。会話の選択肢が多く、どれを選ぶかによってその後の展開が大きく変化をします。ゲームで重要なのはテキストです。よく出来上がったテキストはゲームの面白さを加速させます。

テキスト量が多いのにそのどれもがしっかり出来上がっていることがこのゲームの素晴らしさです。クエストの量が多くなってくると玉石混交になりがちですが、ウィッチャー3では全体的な完成度が高いと感じます。これは翻訳者の努力も関係していると感じました。長辺RPGを遊んでいると飽きてしまうことが多かったのですがウィッチャー3はとにかく楽しく最後まで遊べました。このようなゲームは最近は珍しいと思います。

ウィッチャー3はRPGマニアをうならせる作品です。今までのRPGとは格が違います。興味が有る場合は遊んだほうが良いといえます。そして、プレイステーション4を代表する作品でもあります。